藍工業


〒194-0202 東京都町田市下小山田3526-4 TEL:042-797-7131

当社独自のワンストップ・プロダクツシステム
aiproducts
戻る
トンカビーン(クマル)
TONKABEAN
原産国:ブラジル他中南米
用途例:構造物/建築意匠
学名 :Dipterys SPP
名称 :Bean(ガイアナ),Tonka(スリ
    ナム),Sarrapia(ベネズエラ),
    Gaiac de Cayenine(フレンチ
    ギアナ)


国内で最も重い材リグナムバイタと共にベアリング材として使用できる2種のうちの1種。 割れ、ソリが非常に少なく、欧米においてはデッキはもとより室内でのフローリング材としても使用されている。 耐久性においてはイペ材、ウリン材、グリーンハート材と同等(社内規格AAA)である。
広葉樹。肌目はやや粗ないし粗であり、木理は交錯する。 心材の耐朽性は非常に高い。重く、硬いので加工は難しいが、仕上がりは良い。イペより少し赤みがある。
国内ではその強度が要求される桁、梁、デッキ材として用いられており、1・2年後にはかなりの入荷が見込まれている。
過去において本材は、木材としてより実を食用として賞味されていた。
名称 トンカビーン
産地 中南米
比重 1.01〜1.08
曲げ強度
kg/㎠
1710
圧縮強度
kg/㎠
970
原木 中〜大怪木
耐久性 AAA(社内規格)
(耐久年数 20年以上)
(国内実績 7年以上)
耐虫性 極大
耐腐食性 極大
特徴 加工
割れ、反り
サイズ
硬度
木目
メンテナンス
塗装(オイルステン)
芯材の強度
海虫
タンニン(アク、樹液)
乾燥方法
大変難しい
少ない
様々なサイズに対応可
材質は硬く、表面にキズがつき難い
普通
基本的には不要
難しい(染込み難い)
非常に強い
抵抗性が高い
少ない
国内でAD(自然乾燥)
国内実績 10年経過(腐食はなし)
備考 色は黄、赤、黄と赤の中間色の3種類がある。
黄色は現地ではシャンパン色として人気があり、フローリングとして多く使用されている。
耐久性はイペと同等として使用されている。
用途 重構造物・木橋梁・枕木
高覧支柱・デッキ
ボードウォーク
トンカビーン
トンカビーン2